製品サポート

サポートFAQ

PX3

機能や使い方についてはオンラインヘルプをご参照ください。

CLIでネットワーク設定ができない
従来製品であるPX2およびPX3とiX7コントローラを搭載したPX3(ETHポートが2つあるタイプ)ではコマンドが異なります。

【PX2/PX3】の場合
[IPv4 configuration method]
network ipv4 interface ethernet configMethod <mode>
<mode> = dhcp (default) もしくは static を指定

[Static IPv4 address]
network ipv4 interface ethernet address <ip address>/<Prefix Length>

【iX7-PX3】の場合
[IPv4 configuration method]
network ipv4 interface <ETH> configMethod <mode>
<mode> = dhcp (default) もしくは static を指定
<ETH>=ETH1 もしくは ETH2 を指定

[Static IPv4 address]
network ipv4 interface <ETH> address <ip address>/<Prefix Length>
<ETH>=ETH1 もしくは ETH2 を指定
ファクトリリセット(シリアル接続から)
1.usernameを聞かれたら、「factorydefaults」を入力し、「Enter」キーを押します。
2.ファクトリ・リセットを行うかどうか確認が求められますので、「y」を入力し、「Enter」キーを押すと、ファクトリ・リセットが実行されます。
3.ファクトリ・リセット後は自動的に再起動が行われます。再起動が終了すると、工場出荷設定が完了します。
ファクトリリセット(Webブラウザから)
1.ログイン後、[Maintenance]-->[Unit Reset]へ進みます。
2.「Reset to Factory Defaults」を選択します。
3.ファクトリ・リセットを行うかどうか確認が求められますので「Factory Reset」を選択し、再起動を待ちます。再起動が終了すると、工場出荷設定が完了します。
USBシリアルコンソール経由で接続するためのUSBドライバ
以下サポートサイトより""Windows driver for USB serial console""をダウンロードしてください。 http://www.raritan.com/jp/support/product/px3
シリアルコンソール接続する際のシリアルポートの設定
Bits per second = 115200 (115.2Kbps)
Data bits = 8
Stop bits = 1
Parity = None
Flow control = None
デフォルトのユーザ名とパスワードは何ですか。
デフォルトのユーザ名は admin、デフォルトのパスワードは raritan です (すべて小文字)。ただし最高レベルのセキュリティを確保するため、初回起動時に、デフォルトの管理者パスワードを変更するよう要求されます。
デフォルトのIPアドレス
デフォルトではDHCPが有効になっています。コントローラー部の液晶画面にて確認してください。
環境センサーのIDについて
第一世代のセンサー(DPX-**)に関しては、 PDUの内部アドレスに依存するため、割当の順番に関しては、予測することができません。 第二世代のセンサー(DPX2-**またはDX-**)は、通常PDUに 最も近いセンサーから順に検出されます。
Bulk Configのspreadsheetにある「free-form data」では何が設定できますか。
「ブリッジ設定」と「アウトレットの名称」を設定できます。

ブリッジ設定
===========================================
net.interfaces[br0].enabled=1
net.interfaces[br0].ipv4.config_method=static
net.interfaces[br0].ipv4.enabled=1
net.interfaces[br0].ipv4.static.addr_cidr.addr=10.10.10.67
net.interfaces[br0].ipv4.static.addr_cidr.prefix_len=24
===========================================

アウトレット名称設定(アウトレット番号はゼロから始まります)
===========================================
pdu.outlet[0].name=My Outlet
===========================================
JSON-RPCを利用してファームウェアのアップグレードは可能ですか。
可能です。対応ファームウェアは、v.2.5.30以降になります。
JSON-RPCでdatetimeをgetCfgで取得したとき、deviceTimeの値がUTC+18:00相当の値で表示される。
deviceTimeはPDUが保持するlocaltimeです。この値からUTCを換算しています。
絶縁抵抗値は、全てのモデルで同じですか。
いいえ。絶縁抵抗値は、それぞれのモデル毎に設計されています。
Outlets SequenceのDelayの値を設定しても出力遅延が行われない。
v3.4.0の既知問題となります。次期バージョンのv3.5.0で修正予定です。
SCPによる設定のバックアップを行なおうとするとエラーになる。
オンラインヘルプのコマンド例に誤りがあります。コマンドの末尾である"~txt"に「 .」(スペースとピリオド)を追加して実行してください。
Legacy BSD Syslog Protocolを有効にした時に「-」(ハイフン)や「_」(アンダースコア)が抜けて転送される。
こちらは、RFC3164の仕様に倣った動作となります。これにより、英数字以外は、TAGフィールドの終端として処理されます。
PX-1000シリーズにおいて、接地環境且つ入力電源が過電流で無いにも関わらず、Overcurrent Protectorのエラー(open)が発生する。
なお、同じ環境で、PX-5000シリーズは発生しない。
PX-1000シリーズは、PDU搭載のサーキットブレーカのトリップを検知するために、サーキットブレーカより二次側L1回路に物理センサーを配置するグローバル標準仕様となっております。そのため、単相2線環境や逆接配線等で、L1側がニュートラルに接続されたレセプタクルに接続される場合、L1回路側に想定される電圧がかからないため、このエラーが発生することとなります。この場合、設備側のレセプタクル配線の入替によってPX-1000シリーズの製品仕様に合わせていただくことで、対処可能です。
PX-5000シリーズの場合は、各アウトレット毎の計測データによる処理によりサーキットブレーカの状態を判別しておりますので、当該問題には該当いたしません。
製品選定時、また、ご使用に際しては、ご留意の上、ご対応ください。