SmartSensors

SmartSensors

SmartSensorはデータセンターに関する貴重な知見を提供

 

SmartSensorは包括的な環境センサーのセットであり、最も正確なデータと知見を運用にもたらすとともに、容易な導入を促進できるよう開発されています。ミッションクリティカルなITハードウェアを担当している場合、IT資産のパフォーマンスや耐用年数に影響を及ぼしたり、低下させたりする環境面の危機を認識することが重要になります。SmartSensorによって、最新のセンサーテクノロジーをホワイトスペース環境に取り付け、Xerus対応コントローラーから直接管理できるようになります。

このセンサーは、リアルタイムの環境アラートを提供し、何らかの異常が生じた場合はすぐに通知し、重大なリスクを修復するためのレスポンスタイムを向上させます。ユーザーはホットスポットを容易に認識し、機器を最適に冷却し、費用のかかるダウンタイムを防止できます。

SmartSensorは既存のラック電源インフラにシームレスに直接接続できるため、大幅にコストを削減しつつ、迅速かつ容易な導入が実現します。センサーは容易にラリタンやそれ以外の電源インフラ に取り付けられるため、導入について懸念する必要がなくなります。また、クラス最高レベルの測定精度によって優れた知見が得られ、スマートかつ実用的な判断が可能になります。
 

以下のようなメリットがあります。

  • 拡張可能なセンサーテクノロジーによって容易に導入
  • ラックを監視して潜在的なホットスポットを見極め、アップタイムを保証
  • データセンターの温度を適度に上げ、冷却コストを節約
  • サービスに影響を及ぼす状況を監視し、24時間365日体制で警戒
  • 冷却設計とコンテインメントに関する戦略的判断を促す、適切な知見を獲得
  • 信頼性の高い単一のテクノロジープラットフォームに基づき、新しい実装部分を拡張
  • 精度の高いセンサーによって環境を明確に把握
  • ステータスLEDにより、アラートへのフィールドのレスポンスタイムを向上

そのほかにも、アップタイムを維持するための高度なラックモニタリングソリューションをご用意しています。

SmartSensors
についてもっと知りたい

精度の高い環境モニタリング

センサーは最先端の測定コンポーネントの恩恵を受けており、内部チップセットのMTBFは20年を超え、さらに温度センサーは+/- 0.5°C、相対湿度は+/-1.8%という最高の測定精度を実現しています。

既存のITインフラに容易に導入

SmartSensorは、ラリタンのPXインテリジェントラックPDUシリーズ、EMXスマートラックコントローラー、PXインラインメーター、ラックトランスファースイッチ、分岐回路モニターにプラグアンドプレイで対応しているため、運用を中断することなく極めて容易に、素早く設置/導入できます。

継続性と容易な保守

SmartSensorは、リムーバブルセンサーヘッド付きのRJ45コネクターを採用しており、既存ラックへの導入と接続が容易になっています。RJ45センサーヘッドにより、ラックの配線を直すことなくセンサーとの切断/再接続が可能で、保守コストを削減できます。

シングルバス/ストリングテクノロジーによってカスタマイズ可能な設定をサポート

導入に関して最大限の柔軟性を保証するSmartSensorは、最大32個のセンサーヘッドを、標準のCAT5/6ケーブルで一列に連結して配備することができます。キャビネット内のセンサーの配置場所を容易に計画できるようになり、さらに単一のコントロールデバイスを通じてさまざまな種類のセンサーをデータセンター内の列全体に簡単に装備できます。

More Information

データセンター向けセンサー

smart-sensors-exploratory-diagram

温度

temperature

DPX2-T1は、ラックの前部または後部に設置して、流入する冷気や排出される熱気を監視し、コンテインメント(冷気/熱気の囲い込み)を最適化します。1

振動

vibration

DX-VBRは、地震やファンの故障などによる振動を、3軸(x、y、z)に沿って検知します。


水漏れ

water/leak

DPX-WSF-KIT、DPX-WSC-35-KIT、DPX-WSC-70-KITセンサーは、床上やエリア周辺、液冷ラック上の水漏れを監視します。また、結露も検知できます。

ラックインレット部の温度・湿度

rack inlet temperature and humidity

DX2-T3H1は3つのセンサーヘッドをつなぎ合わせており、ASHRAE2のガイドラインに従って冷気インレット部の下、中央、上に簡単に設置できるようになっています。

エアフロー

airflow

DPX-AF1は、フリーアクセスフロア下などのプレナムスペースや、穿孔タイルの上などのエアフローを測定します。


空気差圧

differential-air-pressure

DPX-T1DP1はフリーアクセスフロアの上下、またはホットアイルとコールドアイルの空気差圧を測定し、熱リークを防止します。

接点閉鎖

contact closure

サードパーティーのセンサーと併用されるDX2-CC2デュアルコンタクトクロージャーセンサーは、データセンターの煙検知器と統合され、リスクの高い状況を監視し、ラリタンのXerusプラットフォームを通じてデータを集約します。

1. 温度・湿度センサーの追加オプションもあります。

2. ASHRAE(アメリカ暖房冷凍空調学会)では、IT機器に流入する冷気を、各ラックの下部付近、中央、上部付近で計測することを推奨しています。


もっと詳しく知りたいときは?

お問い合わせ

SmartSensorに関するお問い合わせは、
今すぐラリタン・ジャパンまで

営業担当へのお問い合わせ

電源製品カタログを
入手する

当社のiPDU、トランスファースイッチ、
センサーなどの詳細情報をご覧ください。

電源製品カタログ(英文)