リソース

eBook

ベーシックPDU vs インテリジェントPDU 違いを知る

ベーシックPDUとインテリジェントPDUの機能の違いをご存じですか?
適切なPDUを選択することが重要な理由を紐解きます。

ハイブリッド ラック トランスファー システムがATSシステムやSTSシステム よりも優れている理由

ハイブリッド ラック トランスファー システムがATSやSTSシステムよりも優れている理由.ATSとSTSはいずれも、性能と信頼性の障害となる設計上の弱点が内在しています。ハイブリッド ラック トランスファースイッチは、その弱点を克服しました。

Dominion KXⅢ:圧倒的ビデオパフォーマンス 高性能KVM-over-IPスイッチ

ITエキスパートにとって不可欠なKVMスイッチ。しかし、ビデオストリームに代表される、より高度なアプリケーションを使用するには、従来のKVMスイッチでは不十分です。

USBポート搭載のラックPDUを導入する5つのメリット

インテリジェントラックPDUにUSBポートがあれば、銅線等のネットワークインフラコストの削減、PDUの設定やアップグレードの迅速化、物理セキュリティの向上が実現します。

最新データセンターの多くが環境センサーを利用している5つの理由とは?

環境センサーは導入が簡単で費用対効果が高く、運用コストの削減、信頼性を改善し、企業の成長を後押しします。ところが多くの管理者は壁掛けの温度計を見て温度を測る以上のことをしていないのが現実です。

カラーラックPDUが選ばれる5つの理由

ラックにカラーPDUを搭載することが検討され始めています。その背景はなんでしょうか?データーセンターの安全で効率的な運用を維持するためにカラーPDUが選ばれる理由を紐解きます。

データーセンターの過冷却を安全に防ぐことでコスト削減を実現する方法とは?

ITベースのアプリケーションへの需要がより新しく、よりパワフルにと世界規模で拡大し、さらに経済的メリットを求めてITアセットの統合が進む中、データーセンターはどんどん高密度化を続けています。

データーセンターインフラ管理(DCIM)とは?その謎を解明します

日本でもDCIMという言葉をよく聞きますが、その正体は何でしょうか?以前はエクセルやVisio、さらに手書きで管理していたIT機器の情報がDCIMによって簡単にできます。そんな便利なDCIMとはどういうソリューションでしょうか。答えは、このeBookで見つけてください。

サーバーのリモート管理ツール 選択のポイントは?

ソフトウェアかエンベッド(組込み)サービスかリモートKVMか?リモートサーバー管理ツールの選択に役立つヒントを解説します。