MasterConsole® デジタル

アナログ/デジタルビデオおよびステレオオーディオ対応のCat5 KVMスイッチ

ラリタンのMasterConsole® デジタル KVMスイッチ(MCD)は、コンピュータやサーバーごとに専用のキーボード、マウス、モニターを使用せずに、複数のサーバーに一元的にアクセスする必要がある中小規模の企業に最適です。標準Cat5/6/6eケーブルで最大1920x1080の高解像度ビデオをサポートします。マルチフォーマットのビデオインタフェースにより、アナログ(VGA)およびデジタル(DVI、HDMI、DisplayPort)の双方をサポートします。VGAコンボケーブルやMCDのHDMIアダプタを使用することで、ステレオオーディオにも対応します。

MasterConsole® デジタル KVMは、1ユーザースイッチまたは2ユーザースイッチとして複数のサーバーを制御できます。8、16、32台のサーバーに接続できるKVMポートを備え、2段階のカスケード接続によって最長45メートルで最大1,024台のサーバー接続をサポートします。標準Cat5/6/6eケーブルを使ってコンピュータに簡単に接続できます。MCDの使いやすいオンスクリーンディスプレイ(OSD)インタフェースとホットキーによって、接続されたコンピュータに迅速かつ容易にアクセスできます。

システムのメンテナンスや管理、アプリケーションの実行、トラブルシューティングに最適です。

MasterConsole® デジタル
についてもっと知りたい

特長

最大1920x1080の高解像度ビデオをサポート

30メートルの距離で、1920x1080の高解像度ビデオをサポートします。

HDMI/DVI/DP/VGAビデオインタフェースおよびステレオオーディオをサポート

MasterConsole デジタルシリーズは、アナログ(VGA)およびデジタル(HDMI、DVI、DisplayPort:DP)ビデオの双方に対応します。オーディオはラリタンのMDCIM-HDMIまたはMDUTP VGA KVMコンボケーブルでサポートされます。

コンソールドロワー統合型KVMスイッチ

省スペースの17インチコンソールドロワー統合型KVMスイッチ(MCD-LED)もご利用いただけます。

1または2ユーザーが8、16、32台のサーバーを管理

1ユーザーおよび2ユーザーモデルでは8~32台のサーバーを管理できます。ラリタンのMDCIM-DVIまたはMDUTPケーブルでカスケード接続することで、最大1,024台のサーバーを管理できます。

その他特長

AutoScan / AutoSkip

AutoScan(自動スキャン)を使用すると、さまざまな速度でサーバーをスキャンすることで簡単に監視できます。AutoSkip(自動スキップ)では、非アクティブなチャンネルをバイパスできます。

カスケード接続による拡張

ユーザーは最大32台のサーバーを制御できます。MCD-232モデルでは、カスケード接続によって最大1,024台まで拡張できます。

直感的なオンスクリーンディスプレイ

プラグアンドプレイによるインストール、自動構成、使いやすいオンスクリーンディスプレイ(OSD)による操作が可能です。ターゲットにデバイス名を付けることで、OSDから簡単にサーバーを選択できます。


詳細情報

MCD モデル情報

モデル

ユーザ

ポート

MCD-108

1

8

MCD-116

1

16

MCD-216

2

16

MCD-232

2

32


構成例


もっと詳しく知りたいときは?

eBookを読む

KVM-over-IPが最も安心な選択と言われる理由は?

今すぐダウンロード

テストドライブ

Dominion KX IIIテストドライブは無料で体験頂けます

今すぐ体験する

お問い合わせ

KVMスイッチに関するお問い合わせは、今すぐラリタン・ジャパンまで

お問い合わせはこちら