リソース

ホワイトペーパー

ラリタンでは、製品やソリューションのインテグレーションに役立つ様々なホワイトペーパーをご用意しています。
お選びください
中小規模のサーバールームやデータセンターのリモートサーバー管理を知る(英文)

2005年11月、IT情報誌『Computerworld』は中小規模ビジネスに携わっている読者を対象に、ITインフラとサーバー管理に関するアンケート調査を行いました。SMB企業におけるリモートサーバー管理への理解を深めることを目的とした同調査はラリタンが依頼したもので、得られたデータはComputerworld Research社により集計され、まとめられました。本ホワイトペーパーでは、上位にランクインした結果について解説します。

ITインフラ管理の新潮流:統合型KVMとシリアルコンソール(英文)

大規模で、マルチプラットフォームかつ混在環境のITインフラが急速に拡大するにつれ、データセンターの複雑化も増すばかりです。リモート管理ハードウェアやソフトウェアが進化を遂げた今、単一プラットフォームからKVMやシリアル、電源制御デバイスにアクセスし、IT資産を物理・論理の両側面から確認できるようになりました。また、ブラウザベースでのアクセスにより、インターネット接続したPCがあれば作業できるようになりました。本ホワイトペーパーでは、今日のKVMやシリアルコンソールツールが、IT管理を取り巻く課題にいかに対応できるかを説明します。

中規模企業のサービス管理をシンプルに(英文)

伝統的に、ITベストプラクティスを先導してきたのはフォーチュン1000企業でした。それに対し、保守的なアプローチを取る傾向が高いのが中規模企業(MSB = Mid Size Business)です。そうしたMSBにとっての課題は、いかに簡素化できるかということ。MSBがサービス管理を導入する場合、大規模なものである必要も、高額な費用をかける必要もありません。本ホワイトペーパーでは、Enterprise Management Associates (EMA)が、ラリタンのマネジメント製品シリーズ、CommandCenter®のCommandCenter NOCとCommandCenter Secure Gatewayをもとに中間層企業のアプローチ方法について解説します。

ITインフラのアップタイムを保証するリモート管理機能(英文)

IT企業にとって最も重要なのは、システムのアップタイムを最大限にすることです。リモート管理ソリューションを導入すれば、運用コストを飛躍的に節約できるうえに、MTTRの高速化、ROIの増加、全体的なITアップタイムの増加という収穫が得られます。ここでは、リモート管理ソリューションから得られる利点をEMA社の例でご紹介します。

分散型エンタープライズ:リモートオフィスITインフラのアクセスと管理(英文)

IT管理者にとって、リモートオフィスは頭痛の種になりがちです。そこでラリタンでは、制御、セキュリティ、予算など、リモート管理に起因するさまざまな問題を緩和するソリューションを豊富に用意しました。本ホワイトペーパー『Distributed Enterprise: Remote Access and Management of IT Infrastructure(分散型エンタープライズ:リモートオフィスITインフラのアクセスと管理)』では、アウトオブバンドのアクセス制御ツールの使用によってもたらされるアップタイムとセキュリティの向上について検証、分析します。

データセンターの変革(英文)

増設、統合、取得(BOCA)プロジェクトの効果的な実現を目指すには、評価、計画、構築、安定化そして最適化の5つの段階を経て遂行する必要があります。本ホワイトペーパーでは各段階について説明し、適切なリモートアクセスツールとITインフラ管理ツールがいかに劇的に全体効率を向上させるかについて議論します。

データセンターの過負荷保護:ブレーカーと分岐回路の保護(英文)

サーバー1台あたりの平均電力消費量は上昇しています。データセンターやラックは多くの電力を消費するIT機器が詰め込まれ、密度が高くなってきています。データセンター管理者は電力需要の増加ニーズを満たすため、高い電圧・電流に対応できるPDUを設置する必要があります。本ホワイトペーパーでは、こうした背景に即した新たなラックPDUの要件と、データセンター管理者が、ヒューズ搭載のラックPDUからUL規格に準拠した最新のUL489サーキットブレーカー搭載のラックPDUへの変更を真剣に検討すべき理由について検証します。

データセンターにおける電力計測(英文)

データセンターにおいて、電源を管理し、使用電力を予測し、計測する方法は数多くあります。本ホワイトペーパーではデータセンターでの電力計測が必要な理由、消費電力を計測すべき場所、収集したデータを使ってするべきことについて説明します。また、新たな技術についてもいくつかご紹介します。

EO 13514と、アメリカ連邦政府のスマートデータセンター管理(英文)

2009年10月5日、アメリカのオバマ大統領は大統領令、EO13514に署名しました。このEO13514は連邦政府におけるサステナビリティに向けた統合戦略を確立し、温室効果ガス(GHG)の排出量削減を連邦政府機関の優先課題と位置づけるものです。改善を要する分野をターゲットとするツールやプラクティスを特定することにより、連邦政府のデータセンターの運営がより効率的になるだけでなく、消費電力の削減にもつながり、大統領令の基準をクリアすることができます。本ホワイトペーパーではエネルギーの測定、使用、節約に関するデータセンターの管理について検証します。また、これらの分野がEO 13514が設定した目標の達成につながるかどうかの判断基準も提案します。

データセンターの環境管理とモニタリング(英文)

ほんの数年前まで、データセンターの管理者が温度監視をルームサーモスタットに頼っていた時代がありました。残念ながらルームサーモスタットの性能は限られており、たとえ小規模のデータセンターであったとしても、施設全体の温度やその他の状態を監視したり制御したりするツールとしては適切ではありません。今日ではさまざまなセンサーがあり、温度、湿度、気流、差圧、水分、接点閉鎖などを監視し、制御するために使われています。これらのセンサーは、ラックのドアが開いたことを検知して管理者に通知したり、2箇所間の気圧の差を正確に測定したり、水の存在を検知したりとさまざまな役割を果たしています。本ホワイトペーパーでは、これらのセンサーを適切に配置し、管理すれば、いかにデータセンターの最適な環境を維持し、一貫して効率的な運営ができるかということを検証します。

Page 3 of 4 pages  < 1 2 3 4 >