5G、スマートシティ、エッジコンピューティング - Raritan

5G、スマートシティ、エッジコンピューティング

ホワイトペーパー:5G、スマートシティ、そしてエッジ ~ 私たちの生活におけるIoT

5G、スマートシティ、そしてエッジ ~ 私たちの生活におけるIoTこのインダストリーブリーフでは、IoTとスマートシティや5Gワイヤレスの関係、そしてIoT、スマートシティ、5Gが、より優れた情報と制御を実現し、ライフスタイルの向上と効率化をもたらすために、リモート管理が可能なインテリジェントな電源管理を必要とすることについて解説しています。

今後10年間で、世界中で何十億ものIoTデバイスがオンライン化されると予想されています。これらの機器は広範囲に分散し、非常に多くの補助的なサポートシステムを必要とするため、IoT機器とそれらが連携するシステムの両方を稼働させるために、リモートで管理されたインテリジェントな電力を持つことは、論理的にも経済的にも理にかなっていると言えます。インテリジェントな電源管理は、電力消費を遠隔監視し、アウトレット単位の電源オン/オフのスケジューリング、バッテリー/UPS使用時の稼働時間を最大化するための負荷遮断、温度閾値を超えた場合のグレースフルシャットダウンを実行できるオンボード通信機能を持つ電源管理機器の形で実現されます。

IoTは、ゲートウェイ、アグリゲータ、エッジコンピュートロケーションを無数の物理環境と動作条件に分散して配置し、もはや集中型データセンターに限定されることはないでしょう。そのため、スキルを持つ技術者をハードウェアのある現場に派遣するには、時間とコストがかかります。リモート管理機能を備えたインテリジェント電源管理ソリューションに少し多めに投資すれば、IoTアプリケーションやそのサポートネットワークを、自動化またはより最低限の手動介入によって、より迅速にオンラインに戻すことが可能になります。

ホワイトペーパーをダウンロードするには、フォームに記入してください。

 

* Denotes a required field.