会社案内

ラリタン、セキュアなIPユーザーステーションを発表 政府イベントでのリモートサーバー管理に使用

Posted on August 8, 2016

米国政府の厳格なセキュリティ要件に幅広く対応
米国ジョージア州アトランタ(2016年8月1日)- インテリジェントデータセンター管理とラック用電源管理ソリューションのリーディングプロバイダであるラリタンは、米国の国防総省知能情報システム(DoDIIS)のWorldwide Conferenceで使用するDominion® KX IIIユーザーステーション用の新しいセキュリティおよびパフォーマンス機能を発表しました。

このユーザーステーションを使用することで、IT担当者は、ラリタンのDominion KX III KVMスイッチに接続されている各サーバーや他の機器のシンプルなアクセスと管理が可能になります。KX IIIとユーザーステーションは、米国政府の次のような厳格で幅広いセキュリティ要件に対応しています。

● スマートカード(CAC)認証
● LDAP、RADIUS、Active Directory認証
● 検証済みFIPS 140-2暗号化モジュール
● 256ビットAESまたは128ビットRC4暗号化
● デュアルスタックネットワーキング:IPv4、IPv6

ユーザーステーションのパワフルなインテルベースのプラットフォームは、2つの1080pの映像データにも30フレーム/秒で対応しています。サイズもコンパクトで、デスク上や19インチの標準データセンターラックスロットへの設置も可能です。

ラリタンのプロダクト・マネジメント・ディレクターであるリチャード・ドミナックによると、ユーザーステーションは、従来のアナログマトリックススイッチや高価で柔軟性の低い放送システムに代わり、PC不要な環境での用途に幅広く使用できます。

また、ドミナックは次のように述べています。「ラリタンのサーバーやITインフラ管理ソリューションは、優れたセキュリティとパフォーマンス機能により、政府機関、防衛請負業者、軍でも幅広く採用されています。当社のソリューションは、セキュリティを犠牲にすることなく、生産性、コラボレーション、平均修復時間を向上させることが広く認められています。」

政府データセンターおよびラボ用ソリューション
今月後半、ラリタンは政府データセンターとラボ環境用にソリューションの拡大を計画しています。

■ラリタンについて
http://www.raritan.com/jp
ルグラングループの一員であるラリタンは、データセンターやITプロフェッショナルに最適なインテリジェントラックPDU、BCM(分岐回路モニタリング)、環境センサー、KVM-over-IPスイッチ、シリアルコンソールサーバー、およびA/Vソリューションを提供する信頼できるプロバイダーです。ラリタンは1985年に設立され、米国ニュージャージー州に本社を置き、世界76カ国、6万カ所以上の導入サイトにおいて、多数の受賞歴を持つラリタンのハードウェアソリューションは、中小規模からエンタープライズ規模のデータセンター / コロケーションデータセンターの電源効率と信頼性の改善、生産性の向上に貢献しています。また、IT部門がミッションクリティカルな環境を管理するのに不可欠な、セキュアで信頼性の高いアクセスツールを提供しています。


■報道関係者お問い合わせ先
ラリタン・ジャパン株式会社
電話︰03-5795-3170
E-mail︰marketing.japan@raritan.com

記載されている会社名、製品名ならびにサービス名は、各社の商標または登録商標です。

View by Category
Monthly Archives
More Recent News
ファームウェア更新のお知らせ (KX III version 3.6.9)
Posted on June 22, 2020
ファームウェア更新のお知らせ (Xerusファームウェア)
Posted on April 3, 2020
Dominion® LX2の販売開始のお知らせ
Posted on March 17, 2020
EMX2-111/888販売終了のお知らせ
Posted on March 17, 2020
ラリタン、SMB向けのシリアルアクセスも可能にした経済的で第二世代のKVM-over-IPスイッチを発売
Posted on March 17, 2020