CommandCenter® Secure Gateway

サーバー中央集約管理

ラリタンのCommandCenter® Secure Gateway(CC-SG)は、導入しやすいプラグアンドプレイのアプライアンスで、IT管理者やラボ管理者にセキュアなシングルポイントのリモートアクセス制御を提供します。ラリタンのKVM-over-IPスイッチDominion®シリーズやサービスプロセッサ、RDP、VNCといったインバウンドのアクセスなど、複数のアクセス技術を統合管理できます。

CC-SGはラリタンの電源管理ソリューションPower IQに完全に対応したソリューションです。様々なタイプのPDUに接続された機器の電源を、CC-SGのGUIから離れることなくPower IQで管理できるほか、データを自動的に同期させることができます。

特長

ITインフラ中央集約管理

安全なシングルサインオン、単一のIPアドレスで、ラリタンのDominion® KVM-over-IPスイッチ、SXコンソールサーバー、PXインテリジェントPDU、物理サーバーや仮想サーバーをすべて管理できます。さらに組み込み型サービスプロセッサやリモートアクセスソフトウェアといった他社製デバイスもサポートします。

集中認証、承認、ロギング

ローカルの認証・承認機能に加え、LDAP、Active Directory®、RADIUS、TACACS+等の認証プロトコルをサポート。時間、場所、アプリケーション、OS、部署、機能など、ユーザーがカスタマイズした基準に基づくアクセス制御ができます。ロギングや監査証跡を統合します。

モバイルアクセス

職場や自宅、あるいは旅行先など、どこからでもITリソースにアクセスし、管理することができます。CC-SGのモバイルKVMクライアント(MKC)機能により、モバイル機器からアウトバンドのKVMアクセスや電源管理が可能です。

強固なセキュリティアプライアンス

CC-SGは、大切な企業のリソースにアクセスするIT管理者が安心して利用できる、セキュアなプラットフォームです。セキュリティ面でより安全なLinux®ベースのアプライアンスアーキテクチャの採用により、エンド・トゥ・エンドの暗号化(128ビット/256ビットAES、または128ビットSSL暗号化)認証とターゲットデバイスへのポリシーベースのアクセスをサポートします。

その他特長

ハードウェアまたは仮想アプライアンス

ラックマウント用のハードウェアまたはVMwareベースの仮想アプライアンスを利用可能。最大10台のCC-SGを集約し、エンタープライズでの大規模ITシステムへのアクセス制御ニーズに対応します。

高可用性オプション

クラスタ構成のCC-SGをプライマリ、セカンダリとして設置することで、アプライアンスに冗長性を提供します。ラリタンがサポートするVMwareのHigh Availability機能とFault Tolerance機能を使用することにより、簡単で費用対効果に優れた高可用性を実現します。

仮想メディア

CC-SGは、CC-SGが管理するDominion KX III、Dominion KX II、KSX IIおよびKX II-101 V2に、仮想メディア用CIMを介して接続されているシステムの仮想メディアへのアクセスポリシーを設定できます。 これにより、再インストール(新しいOSに適用)やリブート、デバイスのアップグレードをリモートから簡単に実行できます。


監査証跡レポート

修復、セキュリティデバッグなど、詳細なアクティビティレポートを含むロギングや監査証跡を統合し、企業のコンプライアンス遵守を支援します。

Webブラウザアクセス

IPアドレスでもホスト名でも、Webブラウザベースのインターフェイスからデバイスやシステムにアクセス可能。ブラウザ経由でのシングルサインオンは、ユーザー名とパスワードの自動入力を許可するアプリケーションに使用します。

データのインポート/エクスポート機能

CSVファイルをインポートあるいはエクスポートすることにより、デバイス、ノード、ユーザー、関連デバイスやPDUの構成プロセスを迅速化できます。また、CC-SGにすでに存在するデータも活用できます。


ネイバーフッド構成

ネイバーフッド構成により、最大10台までのCC-SGを集約し、エンタープライズでの大規模ITシステムへのアクセス制御ニーズに対応します。

VMware仮想化

仮想化環境へのシングルサインオンアクセスが簡単に設定でき、仮想マシンへのリモートアクセス制御や仮想パワーコマンドの発行ができます。


もっと詳しく知りたいときは?

テストドライブ

CC-SGテストドライブは無料で体験頂けます

今すぐ体験してみる

事例を読む

CC-SGと KX IIを活用した日本NCR

今すぐ読む

お問い合わせ

KVMスイッチに関するお問い合わせは、
今すぐラリタン・ジャパンまで

お問い合わせはこちら