mobile
 
ブログ サポート 会社案内 アクセス

リソース

ホワイトペーパー

ラリタンでは、製品やソリューションのインテグレーションに役立つ様々なホワイトペーパーをご用意しています。
お選びください
Data Center Physical Realities in a Software-Defined And Virtualized World

As our businesses become increasingly digital, we tend to think about technology in non-physical terms. Our IT infrastructure becomes “the cloud.” Our servers and storage become “virtual.” Our networks become “software-defined.” The reality, however, is that information technology (IT) always depends on physical infrastructure. This white paper addresses five key aspects of IT that are inextricably tied to computing’s physical realities, even as that computing becomes more virtualized, software-defined, and cloud-based.

データセンターの電源供給効率化:STARLINEトラックバスウェイとラリタンインテリジェントPDU

データセンター管理者への要求は厳しさを増す一方です。省エネ、省スペースに努めながら処理能力を硬化し、しかも、限られた予算内でミッションクリティカルな信頼性を維持しなければなりません。このホワイトペーパーでは、そういった課題に対応する電源供給とモニタリングについて解説します。

データセンターの電源管理とキャパシティプランニング

電源管理は非常に重要です。しかし、どこから対策していったらよいのでしょうか?本ホワイトペーパーで、ラリタンとPTS Data Center Solutionsが電力計測にまつわる虚構と実像を検証します。データセンターの電力効率を正しく算出できる機器はどれか、Green Gridが提唱するスタンダードに準拠する方法について解説します。

電力利用の新潮流: データセンタの電力消費に関する知識の整理と新たな発見の整理

電源管理は、今まさに改善しなければならない重要課題である一方、どこから対策していったらよいのかわかりにくい側面があります。ラリタンと PTS は、共同で独自の調査に基づく新しいホワイトペーパーを提供します。正しい機器を用いることで、いかにデータセンタの電力情報を効率的に計算し、Green Gridの提唱する標準化に合わせるかについて考察します。

分散したITリソースの効率的運用とは?セキュアでコスト削減にも効く究極のリモート管理

企業にとって支店やkyotenの増加は成長の兆候ですが、IT 部門にとっては難しい課題となりがちです。データセンタの管理に加え支店のIT 資産の管理や保守も重圧となります。リモートオフィスで働く一般の従業員は、ほとんどが問題を解決するほどのIT スキルを有していません。こうした課題を克服するため、多くのIT 部門はリモートアクセスソフトウェアを使用して支店で生じた問題を診断し、対応していますが、これらのツールは、OS やネットワークが機能している時しか役に立ちません。ネットワークやOS がダウンしていると、現場の従業員をサーバの前に行かせ、問題に対処させ、それでも解決しない場合は、出張、修理時間、ビジネスの停止に伴う追加費用が発生します。
このホワイトペーパーは、支店向けのアウトオブバンド(帯域外)アクセスツールや制御ツールの付加価値について、アップタイムやセキュリティの観点から明らかにします。

ESPは無償にあらず:KVM-over-IPで効率的なデータセンター管理を

内蔵サービスプロセッサ(ESP)は無償なのでしょうか?早合点は禁物です。本当に必要とする機能を使うには、ESPだと通常、追加のライセンスコストを払わなければなりません。その点、KVM-over-IPならTCOの削減、マルチベンダーのサポート、セキュリティの強化、柔軟なユーザー管理はもちろん、コスト削減まで実現できます。

仮想化とデータセンター管理

仮想化は、IT組織に計り知れないほどの多くの機会を提供します。とはいえ、仮想化環境を展開させるには多くのプロセスが必要となり、その管理も複雑です。本ホワイトペーパーでは、仮想化によってもたらされるさまざまな課題に対処するためのベストプラクティスの概要を説明します。統合管理ソリューションを評価する際の主なポイントについても解説します。

効率的なモニタリング

データセンター業界は、技術、企業、法規制に大きな変化を迎える時期が近づいています。リソース管理、報告やアカウンタビリティ、予算抑制や業務のフレキシビリティ化といった新たな要件によってもたらされる課題に対処するためには、最低限、データセンターオペレーションのモニタリングを行い、こうした傾向に遅れずについていくことが必要です。本ホワイトペーパーでは、米国の大手データセンターの管理者や運用担当者を対象とした調査結果の中からいくつかの事例を取り上げ、施設のモニタリングやレポーティングへのアプローチ方法、導入によって最も改善が見込まれる部分などを中心に、ベストプラクティスの原則を提案します。

高電力

平均的なラック電力消費量が依然として増え続ける中、データセンターの管理者にとって高電力へのニーズが高まっています。こうした傾向をふまえ、ラリタンは高電力の方向性を示す業界のリーダーでありソリューションプロバイダーであり続けてきました。高電力を使った実例、トレンド、一般的な設定、将来の業界予測など、ラリタンのホワイトペーパー『Deploying High Power to IT Equipment Racks(IT機器ラックに高電力を導入する)』で説明しています。

電源タップ(PDU):電力モニタリングと環境モニタリング

IT管理者やファシリティ管理者にとって、ラックの消費電力のモニタリングや電源管理、データセンターの冷却といった課題に対処する重要性がかつてないほど高まっています。では、これらの課題に対処する最も効果的な方法は何でしょうか?本ホワイトペーパーでは、インテリジェントラックPDUがこうしたアップタイムやキャパシティプランニングといった重要な問題にどう対処しているのかを探ります。

Page 1 of 3 pages  1 2 3 >