会社案内

ラリタン、業界初となる1080P/30FPS高解像度ビデオストリーミング対応のKVM-over-IPを発表

February 21, 2014

—データセンター、ラボ、ブランチオフィス、放送室のIT機器管理に
迅速、安全で信頼性の高いBIOSレベルのアクセス制御を提供 —

データセンターのインフラ、エネルギー管理ソリューションのリーディングプロバイダであるラリタン・ジャパン株式会社(本社:米国ニュージャージー州サマセット、日本法人本社:東京都港区、以下ラリタン)当社のKVM-over-IPフラッグシップ製品の次世代モデルDominion ® KX IIIを発売します。本製品はデータセンター、ラボ、サーバールーム、放送局、ブランチオフィス内機器のビデオパフォーマンスを業界最高レベルにアップさせました。

KX IIIの新しいハードウェアアーキテクチャは、高性能CPUと強化されたビデオ圧縮アルゴリズムにより、高パフォーマンスなリモートビデオ品質を実現し、世界中どこにいてもリモート作業を行うことができるため、効率アップとともに実際に機器のある場所へと移動する時間とコストを節約できます。放送、メディア、エンターテインメント業界にとって重要な、ビデオ、オーディオを多用するアプリケーションもサポートします。

KX IIIの次世代ビデオ処理エンジンは、従来のリモートサーバーへのアクセス制御機能に加えて、1920×1080の解像度、24ビットカラー、デジタルオーディオ、デュアルモニタが必要なダイナミックブロードキャストアプリケーションまでサポート可能です。さらに、KX IIIのストリーミングビデオ機能は、IPネットワーク上で毎秒30フレーム表示できるよう1080Pビデオ(音声付き)にも対応しています。 

KX IIIは優れたビデオ処理機能により、多彩なアプリケーションをサポートします。たとえば、

  • 放送業界でのHDビデオ、アニメーション、HD画像、デジタルオーディオのレビュー 
  • 政府や国家の安全保障に関わる組織向けには、業務上必須となるストリーミングビデオやその他ダイナミックアプリケーションを使用したビデオ再生 
  • 金融、科学、運輸、工業および電力会社でのダイナミックな高品質ビデオを必要とする用途

Dominion KX IIIについて
価格:                    推奨小売価格(DKX3-108 ¥370,000~)
出荷開始:              2014年3月中旬
ラインアップ:               11モデル

ネットワーク経由のリモートユーザー数

64ポート

32ポート

16ポート

8ポート

8

DKX3-864

DKX3-832

 

DKX3-808

4

DKX3-464

DKX3-432

DKX3-416

 

2

 

DKX3-232

DKX3-216

 

1

 

DKX3-132

DKX3-116

DKX3-108

ネットワーク経由のユーザーは同時アクセス可能

Dominion KX IIIの主な特徴

  • 圧倒的な超高画質のビデオと音声:
    • 1920x1080フルHDのアナログ・デジタルビデオ対応
    • HD映像を一秒あたり最高30フレームで伝送
  • BIOS レベルのリモートアクセスと制御が可能
  • すべてのモデルで仮想メディア機能に対応
  • AES、FIPS140-2暗号化モジュール対応の業界最高水準のセキュリティ
  • IPv4/IPv6 デュアルスタック
  • 二重化電源や自動フェイルオーバーを装備した強固な信頼性
  • デジタル・アナログビデオともに対応
  • ラリタンのCommandCenter Secure Gatewayとの組み合わせで統合管理とiPhone/iPadによるモバイルアクセスが可能
  • ラリタンのリモート電源管理製品(PDU)に接続されたサーバーの電源リモート制御が可能

Dominion KX IIIの詳細については以下をご覧ください。http://www.raritan.co.jp/products/kvm-over-ip/dominion-kx-III/

ラリタン(Raritan)について
ラリタンは、あらゆる規模のデータセンターに適した電源管理、KVM、シリアルソリューションで豊富な実績を誇るITインフラ管理のリーディングサプ ライヤー。ラリタンの製品は世界5万ヶ所以上の施設で使われており、電源効率の改善、データセンター生産性の向上、遠隔拠点業務の強化に必要な制御機能を提 供しています。米ニュージャージー州サマセットに本社を置くラリタンは、世界各地にオフィスをもち、76ヶ国に製品を供給しています。詳しくはウェブサイト(Raritan.co.jp)をご覧ください。
ラリタンは、ザ・グリーン・グリッド、クライメート・セイバーズ・コンピューティング・イニシアチブ、およびLEED(環境に配慮したデザインにおけるリーダーシップ)の主要メンバーであり、データセンターイニシアティブへの貢献で、アメリカ合衆国環境保護庁(EPA)に表彰されています。また、Gartnerの「クールDCIMベンダー」、IDCの「世界の主要DCIMプレイヤー」、EMAの「非常に価値のあるDCIMベンダー」、TechNavioにより「主要なDCIMプレイヤー」と、数多くのトップ業界アナリストから認められています。

※ 本プレスリリースに記載されている会社名、製品名ならびにサービス名は、各社の商標または登録商標です。

 

‹報道関係者様問合せ先›
ラリタン・ジャパン株式会社 担当︰吉田
電話︰03-5795-3170(代)     
E-mail︰marketing.japan@raritan.com
URL︰http://raritan.co.jp/

カテゴリーを選択してください
月刊アーカイブ
最新ニュース
ラリタン、次世代の電源管理製品を発表 - 新型iX7コントローラー搭載でよりスマートな機能を実現
April 25, 2017
MasterConsole® デジタル KVM スイッチ (MCD)シリーズの販売開始のご案内
April 23, 2017
ラリタン、セキュアなIPユーザーステーションを発表 政府イベントでのリモートサーバー管理に使用
August 8, 2016
環境センサーDPX2&DXセンサー追加リリースのご案内
May 11, 2016
ラリタン、データセンターの電力容量に関する新しい見識を提供する新しい分岐回路モニタリング(BCM)システムを発表
May 10, 2016