mobile
 
ブログ サポート 会社案内 アクセス

会社案内

インテリジェントPDUに、価格を抑えたエントリーモデル「PXEシリーズ」を追加

January 22, 2014

データセンターのインフラ、エネルギー管理ソリューションのリーディングプロバイダであるラリタン・ジャパン株式会社(本社:米国ニュージャージー州サマセット、日本法人本社:東京都港区、以下ラリタン)は、リモートからユニット(PDU)単位で電力計測できるメータータイプのインテリジェントPDUとして、「PXE」シリーズ7機種を2014年1月21日より発売することを発表します。

PXEシリーズは、PXEシリーズは、ラリタンのインテリジェントPDUのうち、PDU単位で電力計測できる最もベーシックなタイプのPDUです。ラリタンのハイエンド向けPDUの優れた基本技術を継承しながら機能を絞ることで、高いコストパフォーマンスを実現しました。導入コストを抑えながら、ラックやデータセンターの電力効率を高める省エネデータセンターの実現を可能にします。

PXEシリーズは、リモートからPDU単位で、電流(A)、電圧(V)、電力(kVA、kW)、電力量(kWh)、力率(Pf)を、業界最高峰の電力計測精度(±1%)で計測することで、ラックの正確なキャパシティプランニングをサポートします。また、オプションの環境センサーを追加することで、温度、湿度、気流、差圧、接触検知、水漏れといったラック周囲のインフラ環境も統合的に管理することができます。環境監視用のツールを追加で導入する必要がないため、新規導入コストや運用負荷の軽減、スペース効率の向上が図れます。さらに、ラックの設置場所を問わず、電力・環境の使用状況をWebブラウザ上でリアルタイムに把握できることから、データセンター事業者はもちろん、データセンター利用者や企業のサーバルームについても、実態に即した運用と対策を容易に講じることが可能になります。

その他、ラリタンのDCIMモニタリングツールであるPower IQと併用することで、ラリタン製のインテリジェントPDUだけでなく、他社製の既設のインテリジェントPDU、UPS、CRAC、分電盤などのファシリティ全体のリアルタイム監視ができ、データセンター・サーバルームの電力・エネルギー・環境の最適管理の実現を支援いたします。

ラリタンは、現在販売中のDPXシリーズ・PX2シリーズに、新たにPXEシリーズを加えることで、お客様のPDU選択肢の幅を広げ、多様化・高度化する電力管理ニーズに応えてまいります。

 

PXE-1384J-N1

 

PXE管理画面

PXEについて:
価格:
受注開始:
納期:
販売モデル:

推奨小売価格(PXE-1138JR ¥48,900~)
2014年1月21日
4~8週間(納期に関しては弊社、販売代理店様にお問い合わせください)
7機種(下記表の通り)

PXEの主な特長:
全モデルで電流、電圧、電力、力率、消費電力量を計測

電流(A)、電圧(V)、電力(kVA、kW)はもちろん、力率(Pf)、消費電力量(kWh)をPDU単位で計測可能。 業界最高峰の電力計測機能・精度(±1%)を実現します。

環境センサーへの対応

PDUのセンサーポートにつなげるだけで温度、湿度、気流、差圧、接触検知、水漏れといった環境情報を取得できます。構成により、PXE1台につき、16個の環境センサーをつなげられます。

閾値の設定機能

様々な測定値に対し、閾値イベントを活用することにより、異変に素早く対処することができます。

過負荷時の警告音(ビープ音)

過負荷時には、ビープ音でお知らせします。

様々なネットワーク機能を搭載

・ SNMP v1, v2, v3のサポート
・ SNMP Trap送信機能
・ SNMP経由での各種設定
・ IPv4/IPv6のサポート
・ Cisco EnergyWiseに対応
・ Pingによるホスト / リストの監視

Text Box: シリアル番号、センサーの種類、名前、測定値、状態が表示されます Text Box:HTTP、SNMP、SSH、Telnetなど、ネットワークサービスが選べます

シリアル番号、センサーの種類、名前、測定値、状態が表示されます

HTTP、SNMP、SSH、Telnetなど、ネットワークサービスが選べます

PXEシリーズ7機種:

 

PXEシリーズと従来品PX 2シリーズの機能比較:

 

ラリタンについて(Raritan.com)
ラリタンは、あらゆる規模のデータセンターに適した電源管理、KVM、シリアルソリューションで豊富な実績を誇るITインフラ管理のリーディングサプ ライヤー。ラリタンの製品は世界5万ヶ所以上の施設で使われており、電源効率の改善、データセンター生産性の向上、遠隔拠点業務の強化に必要な制御機能を提 供しています。米ニュージャージー州サマセットに本社を置くラリタンは、世界各地にオフィスをもち、76ヶ国に製品を供給しています。詳しくはウェブサイ ト(Raritan.co.jp)をご覧ください。
※ 本プレスリリースに記載されている会社名、製品名ならびにサービス名は、各社の商標または登録商標です。

‹報道関係者様問合せ先›
ラリタン・ジャパン株式会社 担当︰吉田
電話︰03-5795-3170(代)     
E-mail︰marketing.japan@raritan.com
URL︰http://raritan.co.jp/

 

カテゴリーを選択してください
月刊アーカイブ
最新ニュース
ラリタン、次世代の電源管理製品を発表 - 新型iX7コントローラー搭載でよりスマートな機能を実現
April 25, 2017
MasterConsole® デジタル KVM スイッチ (MCD)シリーズの販売開始のご案内
April 23, 2017
ラリタン、セキュアなIPユーザーステーションを発表 政府イベントでのリモートサーバー管理に使用
August 8, 2016
環境センサーDPX2&DXセンサー追加リリースのご案内
May 11, 2016
ラリタン、データセンターの電力容量に関する新しい見識を提供する新しい分岐回路モニタリング(BCM)システムを発表
May 10, 2016