mobile
 
ブログ サポート 会社案内 アクセス

製品サポート

一部Dominion製品のディジタル証明書の有効期限について(第3報)

Posted on November 17, 2011

 

※この情報は2011/11/16現在のものです。

※この情報は下記ニュースの続報となりますので、下記を併せてお読み下さい

http://www.raritan.com/jp/support/news/dominion-products-2011-11-14 (第1報)

http://www.raritan.com/jp/support/news/dominion-products-2-2011-11-14  (第2報)

<影響範囲>

※CC-SGからDominionデバイスを管理している場合、各Dominionシリーズへの影響は下記の通りです。

◆影響を受ける機種

 Dominion KX II

 Dominion KX II-101

 Dominion KX II-101-V2

 Dominion KSX II

◆影響を受けない機種

 Dominion KX

 Dominion KX-101

 Dominion SX

 Dominion PX

(※“Dominion KX”、“Dominion KX-101”は、現在は販売終了している第一世代の機種となります)

<各ファームウェアバージョンの状況と対策方法の例>
※2011/11/16現在の状況を記載しております。2011/11/17以降に一部の機種およびファームウェアバージョンに対してパッチの発行が予定されております。詳細は続報をお待ち下さい。

Dominion KX IIでは、バージョン2.4につきましては、最新バージョン(8ユーザ版⇒2.4.0.5-438 / 1、2、4ユーザ版⇒2.4.0.5-437)へのアップグレードを推奨しておりますが、それが困難な場合には、下記の各ファームウェアバージョンの状況を参照の上、必要な対策をおとり下さい。
●Dominion KX II
ファームウェア
バージョン
対処法
2.0.21 証明書有効期限がすでに終了しています。証明書に関連する設定変更機能はありません。必要に応じて上位バージョンへのアップグレードを行って下さい。
2.1 CSR/秘密鍵の生成が可能です。外部生成した証明書のインポートも可能です。必要に応じて上位バージョンへのアップグレードを行って下さい。 
2.2 CSR/秘密鍵/自己署名証明書の生成が可能です。外部生成した証明書のインポートも可能です。その場合アップグレードせずに対策可能となります。
2.3 CSR/秘密鍵/自己署名証明書の生成が可能です。外部生成した証明書のインポートも可能です。その場合アップグレードせずに対策可能となります。
2.4 CSR/秘密鍵/自己署名証明書の生成が可能です。外部生成した証明書のインポートも可能です。その場合アップグレードせずに対策可能となります。 
※なお、(“2.1以降で”)お客様独自に生成された証明書をインポートされている場合は、特に影響はありません。
●Dominion KX II-101
ファームウェア
バージョン
対処法
2.0.20 証明書有効期限がすでに終了しています。外部生成した証明書のインポートもできません。最新バージョン(2.0.40.5-8187)へアップグレードを行って下さい。
2.0.40 証明書有効期限がすでに終了しています。外部生成した証明書のインポートもできません。最新バージョン(2.0.40.5-8187)へアップグレードを行って下さい。
●Dominion KX II-101 V2
ファームウェア
バージョン
対処法
3.3.0 証明書有効期限がすでに終了しています。外部生成した証明書のインポートもできません。最新バージョン(3.3.0.5-1053)へアップグレードを行って下さい。
●Dominion KSX II
Dominion KSX IIでは、2.3につきましては最新バージョン(2.3.5.5-5 )へのアップグレードを推奨しておりますが、それが困難な場合には、下記の各ファームウェアバージョンの状況を参照の上、必要な対策をおとり下さい。
ファームウェア
バージョン
対処法
1.0.1 証明書有効期限は2021年です。本現象の影響は受けないことになりますが、証明書に関連する設定変更機能はありません。必要に応じて上位バージョンへのアップグレードを行って下さい。    
2.3 CSR/秘密鍵/自己署名証明書の生成が可能です。外部生成した証明書のインポートも可能です。その場合アップブレードせずに対策可能となります。

※なお、2.3以降でお客様独自に生成された証明書をインポートされている場合は、特に影響はありません。

CC-SGにつきましては、4.3以降のバージョンであれば、外部生成した証明書のインポートおよび本体ユニット内で「自己署名証明書」の生成・使用が可能です。

「自己署名証明書」の有効期限はじゅうぶんな長さ(例:10年)を設定しての生成が可能です。 

ご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

 

月刊アーカイブ
サポート情報
PDU関連製品の追加リリース、および、一部販売終了のご案内
Posted on October 6, 2017
Paragon® IIシリーズ販売終了のご案内
Posted on July 21, 2017
Video-over-IPネットワークソリューションRAV-IP製品の販売終了のお知らせ
Posted on May 29, 2017
新型iX7コントローラー搭載PDUの販売開始のご案内
Posted on May 10, 2017
MasterConsole® デジタル KVM スイッチ (MCD)シリーズの販売開始のご案内
Posted on April 23, 2017