mobile
 
ブログ サポート 会社案内 アクセス

リソース

ソリューションブリーフ

ラリタン製品が現実のビジネスにおいてどのように役立っているか、その具体例をご紹介します。
お選びください
Reduce CAPEX and Prevent Downtime by Hardwiring Your Rack PDUs

Want to dramatically reduce your CAPEX spend on your next data center buildout? Consider deploying hardwired rack power distribution units (rack PDUs).

開発およびテストラボ (英文)

効率のよいコンピューターベースの開発とテストラボは、革新的な新製品を次々に市場に送り出さなければならない企業にとって不可欠です。成功を収めるためには、ラボ管理者はエネルギーコストの削減を続けながらラボ機器の設定を行い、システムを自動化させるという難題を克服しなければなりません。世界有数の革新的な企業がラリタンの製品を活用して、いかに生産性を向上させ、市場への導入スピードのアップにつなげているかをご紹介します。

データセンターの管理とワイヤレス (英文)

ラリタンとWi-FiシステムベンダーのXirrus社が、データセンターにおける洗練されたワイヤレスモニタリングと管理ソリューションについてホワイトペーパーにまとめました。データセンターインフラ管理(DCIM)は、有線のイーサネット接続ではなく、Wi-Fiを利用するほうが多くのメリットがあります。イーサネットはケーブルやスイッチ、ラックスペースを新たに必要とします。実際、完璧なWi-Fiソリューションを導入したほうが、イーサネットのケーブル敷設費用よりコストが安く済む場合が多いのです。

SIPRNetを活用したリモートアクセス制御 (英文)

機密扱いに分類された情報をセキュアに転送するため、アメリカ政府の命令により、2013年4月から、軍や諜報機関やその他機関の機密システムにアクセスする際には必ず、アクセスを制限するコンピューターネットワーク、Secret Internet Protocol Router Network (SIPRNet) トークンを使用することが義務づけられました。KVMソリューションが、いかにしてさまざまな機密システムをセキュアかつ高速にリモートアクセス制御し、基準を満たしているのか、その内容をご紹介します。

データセンターの移転 (英文)

データセンターの移転には、インベントリ情報の更新や新たなスペースの決定、電力要件など、さまざまな変化が伴います。そうした状況に対処するためには、移転先の成長を促し、キャパシティ要件やアセットの配置を決定するための情報を提供して新しいデータセンターを初日から健全に稼働できるツールが必要です。新しいデータセンターでラリタンのDCIMがどのように活用されているか、ご紹介します。

Avocent DSRの統合で、ラリタンにスムーズに移行 (英文)

ラリタンのDominion KX IIとCommandCenter Secure Gateway (CC-SG)の統合機能により、データセンター管理者やラボ管理者は、単一のラリタンソリューションからAvocent DSRとDominion KX IIの両KVMスイッチに制御されたサーバーやPCにアクセスできます。

パワーチェーンとネットワーク接続全体を管理するdcTrack(英文)

データセンターのキャパシティは全体的に増えているにもかかわらず、管理者がアップタイムの改善やキャパシティの有効活用を求められることはよくあります。こうした要求に安全な形で応えるには、パワーチェーンとネットワーク接続全体を管理できるソリューションが必要です。

BCPやディザスタリカバリ対策向けリモート管理・制御(英文)

IT管理者は災害がいつ起きるか予知することはできなくても、万一災害が発生した際、サービスができるだけ早く復旧できるように対策を講じることは可能です。ラリタンのソリューションは、ITスタッフが迅速、効率的かつ正確にトラブルシューティングや診断を実行し、災害発生後のシステム障害を修復するお手伝いをします。

キオスク向けリモートサーバー管理(英文)

ATMといったキオスクを展開する企業では、サポートや保守面で多くの課題を抱えています。ATMを24時間365日、安全に運営するためには、セキュリティ、エネルギー、環境、視覚的な管理、すべてが必要です。こういった環境でラリタンのソリューションがどのように活用されているかをご紹介します。

ラボ(英文)

エネルギー効率を維持し、コストを最小限に抑えつつ、週末のシャットダウンに対応するため、ラボ管理者がリモート管理ツールに頼ることがますます増えています。そんな彼らが求めているのは、自動化、スケジューリング、電源制御が可能で、信頼性と安全性を提供するツール。ラリタンのラボ向けサーバー管理ソリューションがまさにぴったりです。

Page 1 of 2 pages  1 2 >