KVMドロワーつきKVMスイッチ - TMCAT17

LCDとKVMスイッチ統合型CAT5ソリューション

ラリタンのTMCAT17は、8または16ポートのKVMスイッチを17インチ液晶ディスプレイに統合したコンソールドロワーで、オールインワンのサーバー接続ソリューションを実現します。Cat5ケーブルによる配線でサーバーに直接接続できる利便性を提供。また、2人目のユーザーが、サーバールームから最大198m離れた場所でサーバーにリモートアクセスすることも可能です。

KVMドロワーつきKVMスイッチ - TMCAT17
についてもっと知りたい

特長

カスケード接続による拡張性

TMCAT17 LCDコンソールドロワーから、8台または16台のサーバーに直接アクセスできるほか、ラリタンのMCCAT KVMスイッチを使ったカスケード接続により、最大 256台のサーバーを制禦できます。

省スペース設計

省スペースの1U設計で、標準キーボードやモニター、マウスと比較して85%の省スペースを実現。1台から複數のサーバーのラック管理が可能です。

高解像度液晶ディスプレイ

ローカルユーザーであれば約45m離れた場所から1280 x 1024のビデオ解像度に対応。リモートユーザーの場合、ラリタンのMaster Consoleユーザーステーションを使用すれば、約30m離れた場所から、1600 x 1200 (60Hz)に対応します

簡単なインストール

プラグアンドプレイによる簡単インストールや自動設定、使いやすいオンスクリーン表示による操作で、ラックに簡単にTMCAT17を設置できます。

その他特長

環境にフィットする、優れた柔軟性

サーバーへの接続には2通りの方法があります。ラック内のサーバーに接続するには、ラリタンの固定長ケーブルMCUTPを使用します。また、Cat5ケーブルやCIM(コンピューターインターフェイスモジュール)を使用すれば、サーバーとの接続距離を最大約45mまで延長できます。

多言語に対応

多言語キーボードをサポートします(米語、英語、ドイツ語、フランス語、スペイン語、イタリア語、韓国語、中国語、日本語)。

パスワード認証

1人のプログラム管理者と最大127ユーザーのプロファイルが登録可能。セキュアで高信頼性のアクセスとシンプルなプロファイル管理を提供します。


オートスキャンおよびオートスキップ

可変速度でサーバーをスキャンできるオートスキャン機能、不使用チャンネルをパスできるオートスキップ機能を備えています。

セカンドユーザーのアクセスをサポート

TMCAT17とユーザーステーションを組み合わせることにより、2人目のユーザーは、スイッチから最大198m離れた場所でサーバールームに”完全自動”でアクセスできます。


もっと詳しく知りたいときは?

購入するには

コンソールドロワーを購入するには

販売代理店一覧へ

お問い合わせ

コンソールドロワーに関する
お問い合わせは、
今すぐラリタン・ジャパンまで

お問い合わせはこちら