mobile
 
ブログ サポート 会社案内 アクセス

PX インテリジェントラックPDU

ラックPDU

ラリタンの高品質インテリジェントラックPDU PXシリーズは、リモートからリアルタイムに電源を監視し、電流(アンペア)、電圧、電力(kVA、kW)、力率および消費電力量(kWh)をアウトレット単位で ビリンググレード精度±1%で測定します。PXシリーズは、アウトレットごとの電源オンオフモデルや測定機能付きモデル、ブレードサーバーや高密度アプリケーション用の高電力モデル、400Vの高電力に対応するモデルなど豊富なラインアップ。様々なデータセンターの多彩な用途に対応します。

特長

カラーPDUで運用効率の改善を

ラックPDUは全部で10色。給電系統が簡単に見分けられるため人的エラーの削減につながります。トラブルシューティングも容易なことでダウンタイムを最低限に留められます。

ラッチングリレーによる省エネ設計

消費電力を67%節減、発熱も少なく、停電の際もすぐに直前の状態に戻すことが出来ます(PX3-5000シリーズ)

消費電力量(kWh)の高精度測定 

正確なkWh測定によりユーザーや部門の実際のエネルギー使用を測定し、正確な請求が可能になり、基準を設定して節電イニシアティブの効果を分析出来ます。

業界屈指のフレキシブルなUSBポート

PXシリーズにはUSBポートが装備されているため、複数のPDUのカスケード接続、WEBカメラ対応、iPadなどの利用が可能です。

抜け止め対応のアウトレット

IECタイプの電源コードを使用する場合、作業中にケーブルが抜けてしまわないよう、様々な抜け止め対策が施されています。

環境の最適化をサポートする各種センサー

オプションのセンサーポートは、プラグアンドプレイの環境センサーに対応しており、温度や湿度、エアフローやその他ラック回りの環境をモニタリングできます。

その他特長

電力情報を正確に計測

PDUのアウトレットごとやブレーカー単位での電圧や電流をモニタリングすることで容量プランニングと電源の有効利用に役だてることが出来ます。

高電力モデルや50℃耐熱モデル

三相400V高電力モデルはラックに55kWの電力供給、さらにホットアイルやブレードサーバーのような温度が高くなりがちな環境もサポートします。

サーキットブレーカ単位のモニタリング

PDUのブレーカーでの電圧や電流をモニタリングするとことでアップタイムの改善と容量プランニングに役立つリアルタイムの負荷を把握できます。


フィールドで交換可能なコントローラー

PX3シリーズではコントローラー部分に使いやすいプッシュボタン、業界最高級の信頼性、ファームウェアの構成、ホットスワップの機能を搭載しました。

しきい値設定でアラートを発信

ユーザーは事前にしきい値を設定でき、電力および環境イベントに関するしきい値を超えた際に、SNMP、Eメール、Syslog経由でアラートを受信できます。

高解像度カラーディスプレイ

220x176という業界最高級の高解像度カラーディスプレイ搭載。LEDの向きが自動的に変わるため、電力状況を容易に確認できます。


コンパクト設計のインテリジェントPDU

コンパクトな設計を特長とするインテリジェントPDU PXシリーズは、限られたスペースのラックに理想的です。

セキュアな暗号化

ディレクトリサービスにより、パーミッション、LDAP/S、RADIUS、Active Directory®を含む最新の認証オプションをサポート。 256ビットAES暗号化と強力なパスワード設定が可能です。

サンプリングとバッファリング

電力をモニタリングする頻度や電力可視化のための収集データ量などを選択できます。


各国の認証を取得

FCC Part 15、 A; UL および cUL、 CE、 PSE、 SAA、 RoHS/WEEEに準拠

電源ケーブル取り回しもフレキシブル

アウトレットのラインの配列と調整することで劇的にロードバランスの軽減、電源ケーブル管理の簡素化またそれによるエアフローの改善を実現しました(三相V2タイプ)

豊富なラインアップ

インテリジェントPDU PX シリーズは豊富なラインアップを用意し、あらゆるデータセンターの現在と将来のニーズに応えます。


インテリジェントPDUの4つのファミリー

 

アウトレット単位の
電源オンオフ

アウトレット単位の
電力計測

PDU単位の
電力計測

サーキットブレーカー単位の
電力計測

PX-1000

 

 

PX-2000

 

PX-4000

 

PX-5000


PDUへの費用対効果を最大限にするDCIMモニタリング


インテリジェントラックPDUや環境センサーを最大限に活用するためにはラリタンのDCIMツールが欠かせません。リアルタイムの電力負荷、トレンド、容量の予測を見るためのダッシュボードはカスタマイズ可能。温湿度図表に温度をプロットすることで温度のセットポイントを上昇することによる削減コストを確認できます。ビリングレポートによって電力料金を把握し、リアルタイムのPUEゲージによってデータセンターの効率を比較できます。

DCIMモニタリングソフトウェアについてもっと知る


もっと詳しく知りたいときは?

ラリタンのPDUが
選ばれる理由

ラリタンのPDUで何ができるでしょうか

製品についてもっと知るには

テストドライブ

PDUのオンラインテストドライブを体験

テストドライブを体験する

お問い合わせ

PDUに関するお問い合わせは、
今すぐラリタン・ジャパンまで

お問い合わせはこちら