容量管理

手探りの容量管理に終止符を

データセンターの容量や電力がどのくらいあるか把握するには?新しいIT機器を導入したときベストの配置場所は?今の電力やスペースはいつまで持つでしょう?

データセンターやITラボのリソースは世界中で増大する一方です。しかしほとんどのIT施設ではスペース、電力、冷却、接続のキャパシティが限られています。今までにも増してリソースをインテリジェントに管理してキャパシティプランニングの策定に必要なデータを収集したり、電力リソースを有効に利用し運用コストを下げることが重要になっています。そのためには正確で信頼できるソリューションが必要になります。

ラリタンの容量管理ソリューションは広範囲で正確な容量の把握に役立ちます。物理スペース、電力、利用可能なラック内ネットワークポートだけでなくUPS,CRAC、サーキットパネルなどインフラ機器もカバーします。

DCIMソフトウェアdcTrack® を含む容量管理ソリューションは、ワンクリックでデータセンター全体の電力とネットワークチェーンを一覧できます。無数のエクセルファイルやVisioのファイルから解放され、データセンター内を数度にわたって毎日歩き回る必要もありません。dcTrackはデータセンター全体の情報を集約しリソースの管理を簡素化します。

容量管理ソリューションに関する詳細はラリタンにお問い合わせください。

お問い合わせはこちら