About Us

電源管理製品プレスキット

ラリタンの電源管理ソリューション

ラリタンは業界初のインテリジェントラックPDU(iPDU)を開発、販売しました。データセンター内の電源やエネルギーの優れたモニタリングを実現するiPDUは2007年、PXシリーズとして発売されました。

今日、625機種を超えるユニークなモデルを揃えたラリタンのiPDUシリーズは、業界最大の製品ポートフォリオを誇ります。多様なIT環境のニーズに応えるため、単相、三相、大容量(400V)、アウトレット単位での電力計測/電源制御、メータードPDU、インラインメーターといった幅広いラインナップを用意しています。

ソリューション
  • インテリジェントラックPDU(iPDU)は、リモートからリアルタイムに電源を監視し、電流(A)、電圧(kVA)、電力(kW)および消費電力量(kWh)を、アウトレット単位でビリンググレード精度±1%で測定します。
  • 環境センサー - 温度、湿度などをモニタリングします。
  • スマートラックコントローラー - 環境センサーを集約するコネクションポイント
  • エネルギー管理ソフトウェア Power IQ - ラリタンのDCIMソリューションを構成する一分野
ターゲット顧客

世界中のデータセンター、コロケーション施設、ITラボ、サーバールーム

販売方式

販売代理店経由

メリット

ラリタンの電源管理ソリューションがあれば、データセンター管理者や施設管理者は以下のことが可能になります。

  • 十分な情報に基づくキャパシティプランニングの策定
  • 電源リソースの効率的な活用
  • アップタイムやスタッフの生産性の向上
  • 電力とコストの削減
  • PUE(電力使用効率)の計測によるグリーン化促進
イノベーション
  • 業界初のインテリジェントラックPDU(iPDU)
  • アウトレット単位でのモニタリングとビリンググレード精度±1%の測定を実現する業界初のPDU
  • 業界で初めて802.11標準規格ワイヤレスソリューションを採用することで、インテリジェントラックPDU(iPDU)やセンサー類の導入コストを削減
  • PDU製品では初となる米Underwriters Laboratories社の規格「IEC 62368-1」の認証を取得
  • 業界で初めてiPDU製品に10種類のカラーを採用したことで、データセンター内のラックの追跡や機器の特定が容易に
WEBサイト(英文)

http://www.raritan.com/power-management/

関連eBook
Power IQ®

Power IQ®はマルチベンダー製品をサポートするエネルギー管理ソリューション。モニタリング、アウトレットの制御、温度や電源情報の分析を統合し、実際の電力、コスト、ライン容量、二酸化炭素排出量、ラック温度を管理できます。電力料金の課金状況レポートの作成やエージェントを使わないOSのグレースフルシャットダウンもワンクリックで実行できます。

開発およびテストラボ (英文)

効率のよいコンピューターベースの開発とテストラボは、革新的な新製品を次々に市場に送り出さなければならない企業にとって不可欠です。成功を収めるためには、ラボ管理者はエネルギーコストの削減を続けながらラボ機器の設定を行い、システムを自動化させるという難題を克服しなければなりません。世界有数の革新的な企業がラリタンの製品を活用して、いかに生産性を向上させ、市場への導入スピードのアップにつなげているかをご紹介します。

データセンターの管理とワイヤレス (英文)

ラリタンとWi-FiシステムベンダーのXirrus社が、データセンターにおける洗練されたワイヤレスモニタリングと管理ソリューションについてホワイトペーパーにまとめました。データセンターインフラ管理(DCIM)は、有線のイーサネット接続ではなく、Wi-Fiを利用するほうが多くのメリットがあります。イーサネットはケーブルやスイッチ、ラックスペースを新たに必要とします。実際、完璧なWi-Fiソリューションを導入したほうが、イーサネットのケーブル敷設費用よりコストが安く済む場合が多いのです。

BCPやディザスタリカバリ対策向けリモート管理・制御(英文)

IT管理者は災害がいつ起きるか予知することはできなくても、万一災害が発生した際、サービスができるだけ早く復旧できるように対策を講じることは可能です。ラリタンのソリューションは、ITスタッフが迅速、効率的かつ正確にトラブルシューティングや診断を実行し、災害発生後のシステム障害を修復するお手伝いをします。

キオスク向けリモートサーバー管理(英文)

ATMといったキオスクを展開する企業では、サポートや保守面で多くの課題を抱えています。ATMを24時間365日、安全に運営するためには、セキュリティ、エネルギー、環境、視覚的な管理、すべてが必要です。こういった環境でラリタンのソリューションがどのように活用されているかをご紹介します。

ラボ(英文)

エネルギー効率を維持し、コストを最小限に抑えつつ、週末のシャットダウンに対応するため、ラボ管理者がリモート管理ツールに頼ることがますます増えています。そんな彼らが求めているのは、自動化、スケジューリング、電源制御が可能で、信頼性と安全性を提供するツール。ラリタンのラボ向けサーバー管理ソリューションがまさにぴったりです。

放送局(英文)

放送局では、放送予定のプレイリストやコンテンツに24時間365日アクセスすることが求められます。現場にIT担当者がいなかったり、物理的なスペースが限られている環境に理想的なのが、リモートアクセス管理ソリューションです。管理を一元化し、アウトオブバンドのリモートアクセスで重要なITリソースを入手できるのは、ラリタンのリモートサーバー管理制御ソリューションを置いてほかにありません。

BCP対策のためのリモート管理・制御(英文)

データセンターは、人的エラーやシステム障害、その他の要因により、さまざまな災害を受けやすい環境にあります。こういった事例における影響を最小限に抑えるためには、セキュアなリモートアクセスと制御が不可欠です。ラリタンのBCPやディザスタリカバリのためのソリューションは、すべてのサーバーに迅速にアクセスし、復旧するためのツールをIT管理者に提供します。

クラウドインフラ(リモート)管理ソリューション(英文)

仮想化によって、フレキシビリティやコスト削減が進む一方、IT管理者はITインフラをセキュアに制御、管理できるクラウドベースのアーキテクチャが今もなお必要だと考えています。クラウドを導入する前にぜひラリタンのクラウドインフラストラクチャ(リモート)管理ソリューションをご検討ください。インフラを集約管理し、重要なITリソースにどこからでもアクセスできるアウトオブバンドのリモートアクセスソリューションを提供します。